Bussiness

専業主婦であることに『罪悪感』?

こんにちは、皆川マリです。

今朝、スッキリを見ていたら
『専業主婦であることに罪悪感があるか?』
というアンケートに50%以上の専業主婦が
罪悪感を感じていると答えたそうです。

どんな時に『罪悪感』を覚えたのかというと

・夫が働いているのに高級なランチ食べに行ったり
 洋服を買ったりすると申し訳なく感じる

・夫の給料を自分のために使うことが罪悪感

・ずっと家にいて何もしていないような後ろめたさ。

・夫に「誰のおかげで生活できているんだ」と
 言われて心底むなしかった。

・フルタイムで働いているママ友に
 「暇じゃない?」と言われた。

など、

旦那さんが働いている間に
買い物やぜいたくなランチする後ろめたさ、
フルタイムでバリバリ働いているママ達や
周りが共働きばかりだと自分は何もしてないような気に
なってなんだか罪悪感ってことが多いみたいです。

そして、年々働く女性が増えてきて
どんどん専業主婦の肩身が狭くなり
特に30代〜40代のほうが50代よりも
働いていない負い目を感じる主婦が多くなって
きているそうです。

私もずっと専業主婦だったんですが
(というか、それしかしたことないです笑)
私の場合は好きなものを買ったり
好きなことをやったり、
新しいことを次から次へと始めたりと
なんだかんだ楽しんでいたので

共働きのママさん達から
「あなたは何を目指してるの?」とか
「好きなことばかりしていいわね」(かなり皮肉っぽく)
と言われたりすると
専業主婦の分際で好きなことをして楽しんじゃ
ダメなのかなと罪悪感を覚える時期もありましたよ。

夫婦関係や人によってさまざまですが
多くの専業主婦が何かしらの
『罪悪感』を覚えたことがあり、

その『罪悪感』を消すために
・自分で稼いで自由に使えるお金が欲しい
・働いて認められたい
・私だってできる!!ってとこを見せたい
って思っているんじゃないかなと。

今この記事を読んでくれているあなたも
そういう思いでこのページにたどり着いたのではと
勝手に意気投合した気分になっております。

やっぱり誰かにずっと依存した人生よりも
自分で稼げる力を身につけることができたら
自分の人生においてもっと自由な選択ができる
かなって気がします。

そして経済的に自立していて
自由に選択ができる女性って
とっても魅力的なんですよね。

そうなるためには、
そうなりたいって覚悟して
最初の一歩を踏み出せるかどうかが
大事なのかなと思います。

もっと自立して自由になりたいから
思い切って行動してみるって
本当にステキなことだと思います。

そうやって行動していくうちに
どんどん自分に自信がついて
キラキラ輝けるんですよね、女性って。