Amazon

主婦の副業でもAmazon物販に古物商許可は必要?

こんにちは、マリです。

主婦の副業としてAmazon物販を始める。

しかしここでちょっと問題になってくるのは、

これって中古品の販売じゃないのかな?ということ。

そしてもしそうならばそこには古物商許可という申請が

必要になってくるはずなんですよね。

つまり中古品販売業者として国に認めて貰う必要がある。

そこのところ、詳しく迫ってみました。

 

古物商とは中古品を販売する人

まずは古物商とはなにかを見ていきましょう。

 

・あくまで中古品の販売

古物商とは、中古品を販売する人のことです。

それをきちんとした仕事(副業も仕事です)として継続的に行っている場合は間違いなく該当します。

 

・新品の販売は別

メルカリから仕入れて販売する仕事でも、それが新品ならばほぼ古物商とは言えません。

あくまで古物商とは中古を売る人で、新品を仕入れて売るのは普通の商売。

特に、許可のいるものではないんですね。

 

・なぜ「ほぼ」なのか

ところで、なぜ『ほぼ』古物商ではないと書いたのか。

それは、メルカリでは新品と言っても小売店で買ったものを相手に売っているわけですよね。

となるとこれは「新古品」という扱いになるという解釈もできるわけです。

で、新古品は実は中古という扱い。

なので「ほぼ」なんですね。

 

 

古物商許可は必要なのか

では古物商許可が必要なのか見ていきましょう。

 

・なぜ古物商許可が存在するのか。

これは盗品売買を防ぐためですね。

泥棒が盗んだものを買い取って販売するというのは、もちろん違法です。

ですから、盗品は売りませんよ。という誓いをたてるのが古物商許可と考えていいでしょう。

 

・違反した場合の罰則は厳しい。

盗品は売りませんという誓いが古物商許可ですからこれがない人はこうなります。

盗品を売る人。

ね、これはかなりブラックな印象ですよね、ですから罰則も厳しくなります。

 

・絶対必要かどうかはグレーです

ところが、いまAmazon物販などをしている人のほとんどは古物商許可を持っていません。

理由は、実際のところ悪質な盗品販売なんか誰もしていないということがひとつ。

もう一つは、そういう人が多くて実質取り締まれないから、なんですね。

ですから、絶対必要かと言われればグレーです。

 

・あったほうがいいのかと言われればYESです

では、あったほうがいいのかと言われれば、まちがいなくYES

グレーですが、見つかれば刑事罰もある違法行為です。

また、実際古物商許可はそんなに難しくないんですね。

けっこう簡単に取れます。

転ばぬ先の杖です、とっておいて損はないですよ。

 

古物商許可はとっておきましょう

古物商許可のない継続的な中古品(新古品を含む)の販売は違法です。

きちんと刑事罰のある違法行為です。

ですので、Amazon物販でしっかりと利益を出してきちんとした副業にしたいと思っている方には必要なもの。

しっかりととっておくといいですね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です