Amazon

気になる税金のお話。主婦の副業でも所得が38万円超えたら確定申告を

こんにちは、マリです。

主婦の副業である程度収入があった。

これは本当に嬉しいことですし、思わず顔がほころんでしまいますよね。

ところが、当然ですが収入に関してはそこに税金というものがしっかりとかかってきます。

これは当然Amazon物販でも同じこと。

今回はそんな税金のおはなし。

税金は所得38万円以上。

副業での収入。

所得が38万円を超えたら確定申告の必要が出てきます。

所得とは「収入-経費」

まず所得ですが、これは収入から経費を引いたものです。

収入はつまり販売した金額ですが、経費派にはさまざまなものがあります。

例えば、主なものは商品の購入費。

もしくは通信費、包装費、郵送費、輸送費、文書代や書籍代、文房具代などいろいろ。

こういった様々な経費を販売代金から引いてでた価格が、所得になります。

所得が38万円を超えると税金がかかります=確定申告が必要

そんな所得が年間で38万円を超えると税金がかかります。

税金がかかるということはそれを国に申告する必要出ますので

確定申告が必要になるわけです。

ですので、確定申告をしたくない場合は年間所得38万円以下に抑えるといいですね。

ただ、そこまで面倒でもないので、しっかり確定申告をするのも普通に有りですよ。

 

メルカリで仕入れ。仕入れ代金はどうやって証明する?

メルカリで仕入れてAmazonで売るAmazon物販。

ということはメルカリで仕入れた仕入れ値をきちんと証明できないと

確定申告の時に困ります。

ところがメルカリは領収書の請求ができないことが多いんですね。

しかしそんなときでも大丈夫。

領収書の代わりに『クレジットカード明細』『通帳の振り込み履歴』

『取引画面のコピー』『コンビニ支払いの領収書』『納品書』などが

領収書の代わりになります。

確定申告が必要そうな人は、これらをしっかりとっておきましょう。

 

他にAmazon物販でありそうな経費

では、Amazon物販で他にありそうな経費を考えてみましょう。

まずは『通信費』

これはパソコンや携帯電話の月々の支払いや電話代郵便料金ですね。

そして意外と『光熱費』

家で仕事しているのですから家で使う光熱費も当然経費になります。

ただこの場合は2~3割位の計算になりますね、全額は無理です。

あとは『梱包費』『振込手数料』などが入りますね。

大事なことは、Amazon物販という仕事に関係のあるお金ということです。

 

確定申告は無視しない

38万円以上の所得があるのに確定申告を無視する。

こう言う人がいないとは言いませんが、もしこれが税務署にバレてしまうと無申告加算税と遅延税というかなり重い税金を払わなければいけなくなります。

税金は国民の義務です。

しっかりと申告して、スッキリと払ってしまいましょう。