Amazon

Amazon物販での失敗を知って、教訓にしよう!3つの例と対策方法

こんにちは、マリです。

Amazon物販を始めてみたいと思っても、

失敗はこわいですよね。

出来る限り最短で利益につなげたい。

どんなことに気を付けたらいいのだろう。

と考えているあなたに、

失敗例を3つ挙げます。

今後の教訓とし、

成功への道を歩みましょう。

手数料を計算していなかった

Amazon物販では、いくつかの手数料が必要です。

計算を忘れてしまい、

商品は売れているのに赤字だった!

こうなると、悲しいですよね。

対策としては、

面倒であっても知識を入れておくことです。

例えば小口出品の場合は、

以下の3つの手数料が発生します。

基本成約料

成約時に発生します。

1商品につき100円です。

販売手数料

成約時に発生します。

料金はカテゴリーによります。

パソコンやカメラなどの場合は8%です。

カテゴリー成約料

成約時に発生します。

メディア商品に限ります。

本は80円、ミュージックは140円です。

 

ほかに、AmazonFBAを利用する際の手数料や、

自己発送での送料など、

それぞれの状況に合わせて変わってきます。

必要な費用を引いても利益があるのかどうか、

計算しておきましょう。

詳細はAmazon出品サービス料金プランをご確認ください。

出品できない商品を仕入れてしまった

実は、Amazonには出品制限があります。

仕入れたのに出品できなかった!

なんて、がっかりですよね。

危険物や医療機器が販売できないのは分かりますが、

以下も出品できません。

  • ペットフード
  • 一部の食品(鯨肉・鮫肉など)
  • アダルト系
  • Amazon限定品

せっかく準備をしたのに商品を登録できないと、

お金も時間ももったいないですよね。

対策としては、

Amazon公式ページで最新情報を入れておくことです。

年々、出品できない商品が増えています。

前は大丈夫だったのに今回はダメだった、ということもあります。

仕入れる前に、

しっかり確認しておくほうがベターです。

詳細はAmazon出品(出店)サービス – 出品禁止商品をご確認ください。

データの解析を間違ってしまった

仕入れ商品や価格の変動など、

ネットビジネスにはデータが欠かせません。

でも、初心者にとっては難しいですよね。

モノレートのランキングが高いからと言って、

その商品が売れるとは限りません。

たくさん買ったのに、在庫になっちゃった!

それは避けたいですよね。

対策としては、

ランキングだけでなく、

最安値や出品者数もあわせてチェックしましょう。

データの分析は、利益拡大のカギですよ。

詳細はAmazon物販には欠かせない!「モノレート」を使ってリサーチする方法をご確認ください。

まとめ

Amazon物販でのミスを3例、ご紹介しました。

始めたばかりは、

どうしても上手くいきません。

それでも以下を注意すれば、防げる場合もあります。

手数料を計算する

出品できる商品か確認する

データを正しく分析する

失敗を糧にし、

これからの物販ライフを豊かにしましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です