Amazon

Amazon物販には欠かせない!「モノレート」を使ってリサーチする方法

こんにちは、マリです。

Amazon物販での成功の鍵は、リサーチ

「どの商品が売れるのか?」を見極める必要があります。

「いくらで売れるのか?」

「販売するタイミングは?」

といったことも、

考えなければいけません。

ここで役立つのが、「モノレート」

使い方をおさえれば、

Amazon物販で利益を出せるようになりますよ。

チェックしたいのは、3つの項目です。

  • 最安値
  • 出品者数
  • ランキング

鉄板ツール「モノレート」を活用して、

売れやすい商品をつかみましょう。

「モノレート」って何?

初めて聞く方もいるかもしれませんね。

「モノレート」は、

Amazon物販では欠かせない、無料の解析ツールです。

実際に、以下のサイトを開いてみましょう。

モノレートサイト:https://mnrate.com/

検索窓に商品名を入力するか、

「本日のユーザー数が多い商品」から

商品をクリックしてみてください。

詳しい情報が乗っているページが表示されます。

最安値・出品者数・ランキングのグラフに注目しましょう。

それぞれ詳しく説明しますね。

価格をチェック!「最安値」

「最安値」グラフでは、

「いくらで売ればいいのか?」を確認できます。

指定期間内の、最も安い販売価格が表示されます。

常に、Amazonでの値段は変動しています。

もし大きく増減していなければ、

赤字を避けることもできます。

低価格で仕入れ、

その価格帯で利益を出せないか計算してみてくださいね。

「最安値」のデータから、

現在の販売価格をつかみましょう。

競合をチェック!「出品者数」

「出品者数」グラフでは、

「競合相手は多いのか?」を確認できます。

出品数が100以上であれば、

販売は難しいと考えていいでしょう。

もし10以内なら、

狙い目商品の可能性が高いです。

グラフ上で、急激に出品者が増えていますか?

その場合は価格はそのうちに下がる、と予測できます。

「出品者数」のデータから、

価格の予想を立てることが出来ます。

販売数をチェック!「ランキング」

「ランキング」グラフでは、

「どのくらい売れているのか?」を確認できます。

商品が売れるとランキングが上がり、

売れなくなると下がるようになっています。

つまり、ギザギザが多いほうが、

よく売れているんです。

「ランキング」のデータから、

販売数の変化を把握できるんですね。

まとめ

Amazon物販で定番の「モノレート」について、

まとめました。

儲けを出すために、

以下のグラフをチェックしましょう。

・最安値

・出品者数

・ランキング

慣れるまでは、

人気商品をいくつか検索してみてくださいね。

「モノレート」のデータを読み取り、

利益を確認してから仕入れを始めましょう